会越・毛猛山

■藪漕ぎに満腹■ 好天を捉えて会越・毛猛山を登った。猛烈な藪にガードされたこの山は残雪期に登るに限る。今年は融雪が早そうだが、4月初旬なら雪稜を伝って楽に登頂出来ると予想した。 しかし、山は甘くなかった。標高1,000m以下では痩せ尾根の激藪、雪稜ではクレバス迂回のための藪漕ぎ。藪漕ぎに終始する山行となった。 こったが沢右岸尾根からの記録は目にするが、私たちは報告の殆どない1本上流の足沢左…

続きを読む