雪洞・イグルー訓練

■星空に抱かれて■

北アルプス遠見尾根で雪洞・イグルー訓練を行いました。
小遠見山から中遠見山側へ下った標高2,040m付近で
雪洞2コとイグルー2コを構築し、
満天の星空に抱かれて快適なひと晩を過ごしました。

雪洞を掘るにはある程度の積雪が必要ですが、
イグルーなら雪が少なくても作ることが可能です。
収容人数に関しては雪洞に軍配です。
大きなイグルーは雪質に恵まれないと天井部分を塞ぐのが難しくなります。
竪穴を掘り、切り出した雪のブロックで天井部分を作る、
ハイブリッド式が実用的かもしれません。

しかし、ドーム構造を考え出したローマ人は凄い!
ローマ人の知恵をもらって、
イグルーの天井は2枚の雪の平板を支え合わせて作ります。

今回は雪ブロックを作るため組み立て式プラスチック箱も使ってみました。
雪の詰め方とブロックの取り出しにコツが要りますが、
慣れれば良いブロックが切り出せない場合に有効です。

雪洞とイグルー、
それぞれ一長一短があるので雪の状態によって選ぶことが大切です。
なお、今回の雪洞は二人が並んで横穴を掘れるように、
開口部(間口)を通常の2倍にとり、
横穴が完成した後に入り口を残して開口部を塞ぐ方式で作りました。
時間短縮が出来るこの方式はお勧めです。

日  程:2021年4月10日~11日(日)快晴
メンバー:Lまるめの、うっちー、キャッスル、M田、N森、
     G阿弥、T田、K村、Y井、Y部

鹿島槍ヶ岳北壁
鹿島槍ヶ岳北壁.JPG

武田菱
武田菱.JPG

by まるめの

この記事へのコメント