マスキ嵐沢

■酷暑の日は沢がGood■

酷暑から逃れ西丹沢大滝沢のマスキ嵐沢を遡行した。
新しく仲間に加わったみっきーとむーさんの沢デビューだ。

山梨からだと富士山の裾をぐるっと回るので
3時間近くの長いアプローチになる。
それでも、
稜線まで4時間程度の短い沢で滝もまとまっているから、
沢デビュー向きである。

この日の甲府はとっても暑かったらしいが、
1日中水と戯れていた我々に酷暑は無縁だった。

水しぶきが気持ちいい
1_遡行.jpg

入渓直後はちょっと覚束ない足さばきだったけど、
詰めの涸棚を登攀する頃には
二人ともすっかり沢に馴染んだ様子。
夏の沢をとっても楽しんでいた。

涸棚10mを攀る
2_最後の涸棚.jpg

稜線への詰めも藪漕ぎなし。
権現山からの下りは登山道がないのでちょっと注意が必要だが、
難しい地形ではない。

稜線目指して
3_詰め.jpg

日程:2021年7月18日(日)快晴
メンバー:L.まるめの、ひろし、みっきー、むー
タイム:
大滝キャンプ場8:25--入渓点8:40~9:00--10m逆L滝上11:15~11:25
稜線(標高1,040m)13:05--権現山13:30~13:40--大滝林道14:45
--大滝キャンプ場15:00

by まるめの

この記事へのコメント