世附川土沢三ノ沢

2021年8月1日 世附川土沢三ノ沢 3名


新しい仲間を交えて世附川土沢三ノ沢へ行きました。 西丹沢の最奥にある沢で、三国峠からアプローチできます。

沢自体はゆっくり遡行しても2時間くらいなので、前後で稜線の登山道をハイキングするプランです。


三国峠の駐車場に車を停めて、樹林の中の歩きやすい尾根をまずは三国山へ。そこから明神峠に下ります。 三国林道に入って歩いていくと、一ノ沢、二ノ沢と順番に通過して、3つ目の沢が三ノ沢。ここで沢装備になり、入渓です。

最初に出てくる堰堤を左から越えて、沢に戻ると、小さい沢ながらナメが続くようになり、なかなか綺麗です。 

途中にでてくる小さな滝の手前のトロや釜が結構深くて、腰までつかるものや、明らかに泳ぎになりそうなものもあります。

脇から簡単に登れるものがほとんどですが、暑い日には積極的に水に入るのも良いです。この日も暑かったので、腰まで水に入りました。

水に入って進みます
C908E17C-B2FC-49F3-BD2E-87CCB1E79CA4.jpg

ウォータースライダーにトライ
7C242D89-D3F5-4503-9703-A6352437BC0A.jpg

後半に出てくる3m滝
55175058-5A08-4B55-9CEA-A949665E0138.jpg

上流部で堰堤がでてくると、沢登りとしてはほぼ終了で、一つ堰堤を越えたところで大休止。お湯を沸かしてお昼にしました。

その上は、堰堤が残り4つあって、詰めていくと三国林道に出ます。林道を歩いていけば三国峠に戻れますが、私たちはそのままさらに登って、稜線に出ました。

ここからはまたハイカーに戻って、明神岳を経由して三国峠に戻りました。


ロープも使わない程度の易しい沢ですが、きれいで変化もあり楽しい遡行になりました。


三国峠8:00 - 三ノ沢入渓10:00 - 稜線13:30 - 三国峠14:30


By H田

この記事へのコメント