黒部川源流縦走

■沢をつないで縦走■ 2021年の梅雨は予想を覆しあっけなく明けた。梅雨明けの好天続きは嬉しいね。ありがたやオリンピック。東京2020の恩恵の4連休を利用して、薬師岳から黒部五郎岳、五郎沢左俣、祖父沢を経て雲ノ平まで周回した。黒部五郎岳を訪れるのは遥か昔、学生時代以来だ。 第1日目(折立-薬師峠)4連休初日とあって駐車場は車で溢れていた。太郎平の登りは登山者の列が切れ間なく続いた。4日分の荷…

続きを読む

キタダケソウ満開

■出逢えた!キタダケソウの群生■ 固有種?絶滅危惧種?どんなんだろう?なんだか興味が湧くよね。 梅雨の合間の週末、3,193mの頂をのこのこ越えて、南アルプスの盟主北岳が誇る固有種キタダケソウに逢いに行ってきた。 キタダケソウはハクサンイチゲとよく似ている。どちらもキンポウゲ科で形がそっくりな白い花をつける。ハクサンイチゲは山に登ればそこらじゅうで見るけれど、キタダケソウは北岳の山頂を少し…

続きを読む

上越・谷川岳

■午前中が勝負■ 太平洋岸は梅雨前線が居座り雨模様。沢の計画を変更し、ちょっぴり早出で上越・谷川岳へ向かった。 今回初めて一緒に山行するゆきさんとむーさん。(勝手にニックネームさせてもらいました、ごめん。)谷川岳はとっても良い山だけど、山梨からだと高速を使っても片道3時間半だ。遠いって言われるかなぁ。 聞いてみたら、谷川岳に登りたかったんだって。よかった、ヨカッタ。 モンベルカードさまの…

続きを読む

上信越・白砂山

■満開だったけど■ シラネアオイの群落を目当てに白砂山を登った。シラネアオイ。清々しいライトブルーで山の花にしては大柄。まるめのが好きな花だ。初めて出逢ったのは大学生の頃に登った日光白根山だ。 白砂山にシラネアオイの群落があるんだって。そんな話を聞いて花の時季を待っていた。 もともと、白砂山は気になる山だった。白砂川を遡行しスルスの岩穴を見て山頂に立とうと思っていた。でもいいや。登れるとき…

続きを読む

耳目は欺かない

■静かな鹿の平でテント泊■4月の遠見尾根雪洞研修の時に元祖彷徨倶楽部の方と意気投合、南アルプス深南部へ行こうということになった。希望のコースを聞かれたので鹿の平でテント泊と答えたら、これまた同じ事を考えていたようでトントン拍子に話が進んだ。 初日は豊橋駅で合流して水窪ダムへ。更に林道を走り戸中山ゲート手前、のんびり支度して10時頃出発。この日は矢筈山あたりでテント泊の予定なので余裕のある行程だ…

続きを読む