日和田山から丸山ハイキング

国土地理院の地図を暇があれば眺めている。足掛け10年も早朝トレーニングで訪れている日和田山。標高305m。秩父の尾根が関東平野に没する先端の山。どこから派生した尾根であるか気になって地図で辿って見ると、丸山であることが分かった。県境を越える事が許されない今だから、この機会に歩いてみようと思い立つ。ヤマケイの標準タイムで15時間のロングルート、足ごしらえはアプローチシューズ。

日和田山、ここまでは早朝散歩定常ルートで自転車と合わせて往復80分

P5276780日和田山.JPG


物見山、ちょっと早起きするとここまで、山頂のホウチャクソウがかわいい

P5276785物見山.JPG


スカリ山、いままでに数度訪問。エビが坂への下りが迷いやすいので注意

P5276804スカリ山.JPG


茶獄山(何度か通過しているはずだが今回まで気が付かなかった)

P5276813茶嶽山.JPG


蟹穴山(何度か通過しているはずだが今回まで気が付かなかった)

P5276820蟹穴山.JPG


越上山、奥むさしでは奥深い隠れた人気の山、朝散歩の限界点

P5276833越上山.JPG


関八州見晴台、初見。木と靄で眺望利かず。冬なら四方が見渡せる。

P5276878関八州見晴らし台.JPG


見晴らし台から日和田山(中央の二こぶ)

P5276880日和田山.JPG


飯盛山、初見。杉林の平坦な小道

P5276907飯盛山.JPG


ツツジ山にツツジなし、登りが意外ときつい

P5276931ツツジ山.JPG


カバ岳、杉林の丘があったかなという程度

P5276953カバ岳.JPG


丸山、日和田山がある尾根の元締め。コンクリート造の展望台がある

P5276979丸山.JPG


丸山登山道は、登りも下りも広葉樹林帯で気持ちが良い

P5276972丸山登山道.JPG


チゴユリが咲いていた

P5276976チゴユリ.JPG


日向山から武甲山

P5276996.JPG


横瀬駅からの丸山(中央奥)

P5277009.JPG


ヤマケイオンラインの標準コースタイムは15時間。ほとんどが人工林、途中山の数ほどの舗装林道を横切りまた歩かされる、楽しみの少ない俗界のただ長いだけのハイキング。途中リタイアになると考えていたが、日ごろお世話になっている日和田山の尾根最高点まで歩き通せて、そこにコンクリートの展望台があるにもかかわらず感激。それでも丸山と日向山は広葉樹林帯の気持ちの良い道だった。水1リットル持参したが、暑くて激しく発汗しのどからから、低山&春と思い甘く見ていた。夏は低山の方が暑さは厳しい。丸山登山口の地図にない水場に助けられる。

P5276983.JPG


日和田山登山口(04:00)・・・金刀比羅神社(04:22)・・・日和田山(04:25)・・・駒高(04:40)・・・ヤセオネ峠(05:05)・・・北向地蔵(05:25)・・・スカリ山(05:39)・・・エビガ坂(05:50)・・・十二曲り(06:06)・・・越上山(06:58)・・・顔振峠(07:46)・・・尾根道入口(08:00)・・・傘杉峠(08:13)・・・花立松ノ峠(08:50)・・・関八州見晴台(09:14)・・・飯盛峠(10:02)・・・ブナ峠(10:28)・・・ツツジ山(11:07)・・・刈場坂峠(11:16)・・・牛立久保(11:28)・・・カバ岳(12:00)・・・大野峠(12:15)・・・丸山(12:45)・・・県民の森分岐(13:10)・・・山の花道入口(13:42)・・・日向山(13:56)・・・琴平神社下(14:17)・・・ト雲寺(14:46)・・・横瀬駅(15:18)

ログ.jpg

by 今日一

"日和田山から丸山ハイキング"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。